Picture

国際サンゴ礁年2018オフィシャルサポーターとなる。

2018年
Picture

メンバー企業:19社
キャプテン:川崎重工業株式会社

2018年
Picture

サンゴの産卵観察ナイトダイビングイベントを開催
植え付け本数8900本に到達
「生物多様性アクション大賞2017」入賞

2017年
Picture

メンバー企業:19社
キャプテン:ダイバー株式会社

株式会社名護パイナップルワイナリー、株式会社サハラ・インターナショナルグループ、八洲物産株式会社が加わり、 メンバー企業が過去最大数となった。

2017年
Picture

植え付け本数6000本到達

2016年
Picture

メンバー企業:16社
キャプテン:ダイバー株式会社

新たにダイワロイヤル株式会社、カシオ計算機株式会社が加わり、メンバー企業16社となる。

2016年
Picture

「第3回グッドライフアワード」にて環境大臣賞最優秀賞を受賞。155件の応募の中から、最終選考に残った10件の取り組みについてインターネットによる国民投票を実施。その結果最優秀賞に決定し、12月に表彰式が行われた

2015年
Picture

メンバー企業:15社
キャプテン:沖縄ヤマト運輸株式会社

新たに川崎重工業株式会社が加わり、メンバー企業15社となる。

2015年
Picture

チーム美らサンゴ発足10周年を迎える
植え付け本数4000本到達

2014年
Picture

メンバー企業:14社
キャプテン:ヤマハ発動機株式会社

2014年
Picture

植え付け本数3000本到達

2013年
Picture

メンバー企業:14社
キャプテン:オリオンビール株式会社

2013年
Picture

参加者数のべ2000名到達
11月、糸満市で開催された「第32回全国豊かな海づくり大会」で、農林水産大臣賞(漁場・環境保全部門)を受賞。さらに同大会の式典にて、天皇陛下よりお手渡しいただくサンゴの記念植え付け団体にも認定された

2012年
Picture

メンバー企業:14社
キャプテン:株式会社沖縄海邦銀行

新たに沖縄ヤマト運輸株式会社、住友化学株式会社、アップフロントエージェンシー社が参加

2012年
Picture

植え付け本数2000本到達

2011年
Picture

メンバー企業:12社
キャプテン:ヤマハ発動機株式会社

2011年
Picture

啓発活動として「美らサンゴ祭り」を開催

2010年
Picture

メンバー企業:13社
キャプテン:琉球放送株式会社

イサム塗料株式会社が参加

2010年
Picture

より多くの方に沖縄の海やサンゴの美しさを知っていただくことを目的に「第1回コーラルフォトコンテスト」を開催

2009年
Picture

メンバー企業:12社
キャプテン:株式会社沖縄タイムス社

2009年
Picture

メンバー企業:14社
キャプテン:株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン

ヤマハ発動機株式会社が参加

2008年
Picture

チーム発足から植え付けプログラム参加者のべ1000名、植え付け本数1000本に到達

2007年
Picture

メンバー企業:13社
キャプテン:オリオンビール株式会社

2007年
Picture

ダイビングライセンスがない方にも参加していただけるよう「ノンダイバーコース」を設定

2006年
Picture

メンバー企業:14社
キャプテン:全日本空輸株式会社

2006年
Picture

メンバー企業:13社
キャプテン:沖縄電力株式会社

株式会社沖縄海邦銀行が参加。

2005年
Picture

チーム美らサンゴ、正式に発足

2004年
Picture

キャプテン:全日本空輸株式会社

沖縄電力株式会社、株式会社沖縄タイムス社、琉球放送株式会社、オリオンビール株式会社、株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン、ダイバー株式会社ほか9社でスタート

2004年
Picture

恩納村漁港にサンゴの養殖施設を設置。サンゴの植え付けを開始する

2003年
Picture

チーム美らサンゴの前身組織より、恩納村の海洋環境の保全に対して協力したいとの申し入れを地元自治体に行ったところ、協議により「サンゴ植え付け」が提案された

2002年
Picture

白化現象が再び起こり、さらにサンゴが激減した

2001年
Picture

恩納村漁協がサンゴの養殖を開始

1999年
Picture

異常な高水温に伴って、サンゴ白化現象が世界的に起こり、恩納村でも大きなダメージを受けた。この時全世界の約20%のサンゴが死滅したといわれている

1998年
Picture

恩納村でオニヒトデが大量発生、2年間で約27万個体を駆除

1996~1997年

チームとしての歴史

Picture

メンバー企業:19社
キャプテン:川崎重工業株式会社

2018年
Picture

メンバー企業:19社
キャプテン:ダイバー株式会社

株式会社名護パイナップルワイナリー、株式会社サハラ・インターナショナルグループ、八洲物産株式会社が加わり、 メンバー企業が過去最大数となった。

2017年
Picture

メンバー企業:16社
キャプテン:ダイバー株式会社

新たにダイワロイヤル株式会社、カシオ計算機株式会社が加わり、メンバー企業16社となる。

2016年
Picture

メンバー企業:15社
キャプテン:沖縄ヤマト運輸株式会社

新たに川崎重工業株式会社が加わり、メンバー企業15社となる。

2015年
Picture

メンバー企業:14社
キャプテン:ヤマハ発動機株式会社

2014年
Picture

メンバー企業:14社
キャプテン:オリオンビール株式会社

2013年
Picture

メンバー企業:14社
キャプテン:株式会社沖縄海邦銀行

新たに沖縄ヤマト運輸株式会社、住友化学株式会社、アップフロントエージェンシー社が参加

2012年
Picture

メンバー企業:12社
キャプテン:ヤマハ発動機株式会社

2011年
Picture

メンバー企業:13社
キャプテン:琉球放送株式会社

イサム塗料株式会社が参加

2010年
Picture

メンバー企業:12社
キャプテン:株式会社沖縄タイムス社

2009年
Picture

メンバー企業:14社
キャプテン:株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン

ヤマハ発動機株式会社が参加

2008年
Picture

メンバー企業:13社
キャプテン:オリオンビール株式会社

2007年
Picture

メンバー企業:14社
キャプテン:全日本空輸株式会社

2006年
Picture

メンバー企業:13社
キャプテン:沖縄電力株式会社

株式会社沖縄海邦銀行が参加。

2005年
Picture

キャプテン:全日本空輸株式会社

沖縄電力株式会社、株式会社沖縄タイムス社、琉球放送株式会社、オリオンビール株式会社、株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン、ダイバー株式会社ほか9社でスタート

2004年

活動の歴史

Picture

国際サンゴ礁年2018オフィシャルサポーターとなる。

2018年
Picture

サンゴの産卵観察ナイトダイビングイベントを開催
植え付け本数8900本に到達
「生物多様性アクション大賞2017」入賞

2017年
Picture

植え付け本数6000本到達

2016年
Picture

「第3回グッドライフアワード」にて環境大臣賞最優秀賞を受賞。155件の応募の中から、最終選考に残った10件の取り組みについてインターネットによる国民投票を実施。その結果最優秀賞に決定し、12月に表彰式が行われた

2015年
Picture

チーム美らサンゴ発足10周年を迎える
植え付け本数4000本到達

2014年
Picture

植え付け本数3000本到達

2013年
Picture

参加者数のべ2000名到達
11月、糸満市で開催された「第32回全国豊かな海づくり大会」で、農林水産大臣賞(漁場・環境保全部門)を受賞。さらに同大会の式典にて、天皇陛下よりお手渡しいただくサンゴの記念植え付け団体にも認定された

2012年
Picture

植え付け本数2000本到達

2011年
Picture

啓発活動として「美らサンゴ祭り」を開催

2010年
Picture

より多くの方に沖縄の海やサンゴの美しさを知っていただくことを目的に「第1回コーラルフォトコンテスト」を開催

2009年
Picture

チーム発足から植え付けプログラム参加者のべ1000名、植え付け本数1000本に到達

2007年
Picture

ダイビングライセンスがない方にも参加していただけるよう「ノンダイバーコース」を設定

2006年
Picture

チーム美らサンゴ、正式に発足

2004年
Picture

恩納村漁港にサンゴの養殖施設を設置。サンゴの植え付けを開始する

2003年
Picture

チーム美らサンゴの前身組織より、恩納村の海洋環境の保全に対して協力したいとの申し入れを地元自治体に行ったところ、協議により「サンゴ植え付け」が提案された

2002年
Picture

白化現象が再び起こり、さらにサンゴが激減した

2001年
Picture

恩納村漁協がサンゴの養殖を開始

1999年
Picture

異常な高水温に伴って、サンゴ白化現象が世界的に起こり、恩納村でも大きなダメージを受けた。この時全世界の約20%のサンゴが死滅したといわれている

1998年
Picture

恩納村でオニヒトデが大量発生、2年間で約27万個体を駆除

1996~1997年