2019年度活動レポート

参加状況

チーム美らサンゴは、2004年より活動を開始し、今年で17年目となりました。 これまでに、3,799名が参加し、13,145本のサンゴを植え付けました。 2019年は、参加者317名で473本を植え付けました。 また、寄付分は1,680本でした。総計で、2,153本となり昨年を上回り、過去最高となりました。 植え付けイベントでの植え付け本数は、5,000本を超え、総本数は13,000本を達成しました。

チーム美らサンゴ 植え付け参加状況

回数 人数 本数
ダイバー ノンダイバー 植えつけ 寄付等
2004年 7 243 0 252 391 - 391
2005年 8 154 0 154 154 - 154
2006年 10 188 36 224 224 - 224
2007年 11 285 94 379 285 - 285
2008年 4 190 42 232 217 - 217
2009年 8 95 64 159 229 - 229
2010年 5 107 178 285 243 - 243
2011年 4 124 35 159 374 - 374
2012年 4 117 64 181 316 - 316
2013年 4 128 61 189 317 475 792
2014年 4 123 44 167 290 817 1,107
2015年 4 145 143 288 440 830 1,270
2016年 4 140 140 280 420 854 1,274
2017年 5 170 88 258 408 1,622 2,030
2018年 4 155 133 288 405 1,681 2,086
2019年 6 192 125 317 473 1,680 2,153
92 2,552 1,247 3,799 5,186 7,959 13,145

2019年の植え付け状況

対象者 参加者 本数 植えつけ場所
ダイバー 192 346 トベラ岩
ノンダイバー 125 127 トベラ岩
317
ANAダイヤモンド寄付 65 1,340 沖側
寄付等 340 沖側
65 1,680

サンゴの産卵状況

サンゴの産卵は、6月15日の第2回植え付けイベントのタイミングで恩納村漁協の施設にて、ハードコーラルの観察ができました。

産卵観察イベントは6月22日に開催され、サンゴの幼生の放流や、フローダイビングを行いました。
また、天然サンゴ(ソフトコーラル)の産卵も観察/撮影ができました。

植え付けたサンゴの大きさ

2010年に植え付けたテーブルサンゴは、直径1mを超えています。
ウスエダミドリイシについては、成長して群体が接触しそうになると成長が止まります。

2018年以前の活動実績

(活動レポートは、無断転載を禁じます)